「お金ない…」金欠SOSな時でも簡単にできる対策方法3つ

貯金できないという方は多いでしょうが、お金を貯めるのは想像以上に大変なものです。

一部には貯金のプロも存在しますが、ほとんどの方は貯めるのが苦手なのです。

借金を返済するよりも、お金を貯めるほうが何倍も難しいと言われますが、これは義務を覚えるかどうかの問題です。

借金返済は義務意識が大きいため、なんとか節約して返済金を捻出しようとするものです。

それに対して貯金というのは、無理に貯めなくとも誰からもお咎めは受けません。

お金が貯まらないと嘆いている方は多いですが、これは決して難しいことではないのです。

生活費が足りなくて生活苦の状況の中でも、公共料金の支払いは遅延しないほうがいいでしょう。

遅延をすると信用を落としますし、いつ止められるのかもわかりません。

仕事が終わって家に帰ったら、水道が止まっていて手洗いができなかったという話は普通にあります。

金欠SOS時に簡単にできる対策には、モノを売る、単発バイトをする、キャッシングで借りるなどの金欠対策があります。

お金が必要な状況の解決には、お金を用意する以外にありません。

お金が貯まらない方によく見られる傾向には、無駄なモノを多く購入してしまうことがあります。

給料日前なのに衝動買いをして、お金がなくて遊べないという経験をお持ちの方は多いでしょう。

家が散らかっている方は、欲しいモノがあったら我慢せずに購入する傾向が強いと言えます。

整理整頓の意味でも、不用品を思い切って売るという対策も必要でしょう。

実際に購入しても、ほとんど使わないモノは意外と多いものです。

売るモノがないという方は、週末などに単発バイトをして稼ぐという手もあります。

ただ、この方法だと即座にお金を用意したい状況では使えないかもしれません。

てっとり早くお金を用意するなら、消費者金融や銀行のキャッシングを利用するのが一番です。

キャッシングは多目的に使えるローンなので、生活費不足による生活苦、公共料金の支払い、娯楽資金などの目的で借りることができます。

借りられない用途があるとすれば、事業資金やローン一本化などでしょう。

一般的な消費用としては制限なく使えるので、契約しておいて損はありません。

キャッシングは即日で対応してくれる金融機関が多いので、今日中にお金を用意することも可能です。

審査を受けるときは、今すぐに必要な金額で申し込むようにしましょう。

欲を出してたくさん借りようとすると、審査の難易度が上がってしまうからです。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*